読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 Canyon Ultimate CF SLX 9.0 DI2

このタイミングでCanyonを買う俺
本日初乗りDone

f:id:on713:20170320124431j:plain

親バカだが、フレーム色はかっこいいと思う

〇購入理由

  • 真っ黒なフレームはいやだ
  • エアロフレームはシートチューブからシートステーが突き出ているのが好みではないので却下
  • Time, Lookが第一希望ではあるが、フレーム単体で60万Over。DI2つけると確実に1本超えなのでちょっとないかな
  • フラグシップでお値段良心的なのは、アルゴン18、LAPIERRE、Canyon、Meridaあたり
  • デザイン超重要。心惹かれたのは
    ARGON 18 Astra Color
    Lapierre Xelius SL Ultimate PINOT Color
    Canyon Ultimate CF SLX 9.0 Granturismo Blue

    f:id:on713:20170320133458j:plain

  • f:id:on713:20170320133448j:plain

    f:id:on713:20170320134041j:plain

  • やっぱりCanyon安い。コンポとホイール買ったらフレームついてくる感じ
    今のCervelo R3 SLは買ってその後一度も購入したショップに行かずに素人整備で乗り切ってきたので、日常メンテは大丈夫だろう。どうしょもなくなっても、Cerveloをオーバーホールに出した整備専門のショップに駆け込もう。。
  • ってことでCanyonゲッツ

〇インプレ

  • Sサイズ 178cmまで、Mサイズ178cmから、そして自分は178cmと究極の選択のなかでSを選択。わかっちゃいたが乗ると少し小さい。ステム一体型ハンドルなのでステム変更で調整はできない。シートをできるだけセットバックしてスペーサを抜いてなるべくハンドルを遠くしてなんとかポジション出る感じ。Mだと明らかに大きそうだったからな、しょうがないか。
  • Dura 9150 Di2良い。
    7900系から一気に3世代アップデートしたので隔世の感がある。Rディレイラー調整簡単すぎる。一瞬で終わる。
    変速は当然スムーズ。これは7900も不満はなかったがクリック感覚で変速できるとやはり楽。
    スプリンタースイッチが思ったより便利。特に小さい手じゃないけど、下ハン持った時は、指からレバーまでがやはり遠いので、親指でカチカチ切り替えられると楽。下ハン持つ機会が増えそう。
    シンクロシフトはどうかなあ。フロントインナーに落とすと勝手にリアが上がって結果的にはギア比が変わらなくしてくれるけど、「インナーに落とす = すごい軽くなる」が染みついているので違和感あり。
    一番おぉ、、と思ったのはブラケットの握りやすさかな。なんていうか手にジャストフィットする。握ったときに手とブラケット間が隙間なく密着してすこぶる感触良し
  • 2009年式Cervelo R3 SLに比べて、踏み出しが軽い!ヒルクライムも1枚ギアが軽い!、、なんてことはまったくない。ホイールも揃えて何度かいつもの峠をのぼってみないとわからないが、ほぼ変わらん。軽さも硬さも反応の良さも特に大きな違いが感じない。フレームってレギュレーション変えないともはや進化の余地がないのか?Cerveloの完成度が高いともいえるか?
    ちまたのインプレ雑誌がうさんくさくてたまらなくなってきた
  • 平地巡行。初のディープリム!しかもフルカーボン Mavic Cosmic Pro Carbon SL Cということで期待していたが、いつもの速度域35km/hくらいまでだと何も効果を感じられず落胆。が、峠の下りで速度があがるといつもよりスピード出てるんじゃないか感覚があった。平坦で40km/hまで踏んでみると38km/hくらいから伸ばすときにいつもより楽。プラシーボじゃないと思うw。40km/h辺りの速度域で1, 2km/hのアドバンテージがあるんじゃないかなあ。普段床の間でエンデューロ御用達ホイールになりそう

〇Canyon直販デメリット

  • フレームサイズ以外選択の余地なし
  • ハンドル幅、ギア比、クランク長など、なにもかも言われるがまま
  • ギア比はどうでもいいが、クランク長、ハンドル幅は選びたいところ
    鉄人アダムハンセンのインタビューを読んでから、クランク長くしたいと思っていたが、172.5mmから170cmと逆に短くなってしまった
  • ホイールも選べない
    UltimateにCosmic Carbonはどうなんだろう。キシリウムとかR-Sys先生の方があってるんでは。大人の事情があるんだろう
  • グラフィックはやる気が感じられない。なぜほぼ単色で塗りたくるのか。色は渋めで自分好みではあるが。質実剛健ドイツ気質か。
  • エアロハンドルでステムがないので、ハンドル回りで大きくポジション調整できない。サドルとコラムスペーサで何とかするしかない。
  • 基本は自分で整備しないといけない。いざというときの駆け込み寺は見つけておく必要ありか。
  • 金に汚いやつと石を投げられる

 

和田峠と今週のローラー台

平日はジテ通からローラー練に切り替え

理由としては
 花粉が舞ってきたのと
 やはり強い人はL4, L5の練習をしていると
いうこと
通勤なんか距離はそこそこ乗ってるけどほぼL3だったし
L4, L5なんて週末のヒルクラしかやってなかったので
ここは強度を上げてL4を積み上げることにした。
何日坊主になるかわからないけど、週3回くらいはやっていきたい。

2/20(Mon) 67.2kg
    ローラー

    L4 20min 277W

2/22(Wed) 67.2kg
    ローラー

    L3 20min 251W
    L5 10min 316W

2/23(Thu) 67.6kg やばい、お菓子食いすぎ
    ローラー

    L4 20min 283W

2/25(Sat) 66.6kg 金曜日節制した
デブってきたので心を入れ替えるために和田へ
調子よく登れていたが、途中工事区間で2,30mくらい自転車降りて歩かされる
これでリズムが崩れてしまった
    和田峠 17:13 305W
和田で使い果たして足が重かったが大垂水はまあまあ
    大垂水裏 10:11 319W

大垂水 八王子側 9:51 312W@66.0kg 相模湖側 10:13 312W@66.0kg

大垂水 八王子側 9:51 312W@66.0kg 4.73倍
相模湖側 10:13 312W@66.0kg 4.73倍

300Wから入って340Wまで上げる感じで
いつもの逆

金曜日に雪降った

f:id:on713:20170212105929j:plain

ヤビツ峠 38:07 285W@65.8kg 4.33倍

ヤビツ峠 38:07 285W@65.8kg 4.33倍
※信号ストップ2回(AutoStop)

菜の花台にカラスがいた。

f:id:on713:20170204134506j:plain

Super Cycle Enduro in 下総 3時間 ソロ 16位くらい 218W(NP 234W)

Super Cycle Enduro in 下総 3時間 ソロ 16位くらい(リザルト見たけど忘れてしまった)
37.8km/h 218W(NP 234W) 

1時間45分くらいで切れた
先頭引いて下がった直後にかかったアタックについていけなかった。

大垂水峠 with MAVIC KSYRIUM PRO SL

6年くらい使ったWH-7850-C24-CLがご臨終してしまった。
通勤途中に一番ロー側にギアチェンジしたら、ホイール側までチェーンが落っこちてしまってスポークが曲がり、盛大に振れてしまった。
そのまま家にいったん戻って遅刻確定。どうせ遅刻ならとたまっていた洗濯物処理してから午後出社した。

スポーク以外は無事だったので修理すればまだ乗れそうだったけど、走行距離も30000kmは超えてるんじゃなかろうかということで新しいホイールを物色することにした。

まずは普段使いで酷使するのでアルミクリンチャーは必須
となると、自然に
 -Shimano Dura C24
 -Fulcrum Racing Zero
 -Campagnolo Shamal 
 -Mavic Ksyrium
あたりになる。

連続Shimanoはないので却下
Fulcrumはデザインが好みでないので却下
Shamalかっこよし、と思ってショップにいったら、在庫なく、Ksyriumがあったので買った。まあ、あんまこだわりないんす。
エグザリットが良かったけど高すぎるし、あんまりブレーキ効かねーから困ったこともないのでPro SLにした。

f:id:on713:20170128181113j:plain

そして本日ワクワクの実走だが、、踏んだ瞬間わかるような軽さはなし。比較対象が3世代落ちとはいえDuraなのでまあ妥当か。ただ、坂での2踏み、3踏みが伸びが少しのびるか、、重量は100g差なのでその恩恵かな。
Mavicは数値的に剛性高いと聞いていたが、はっきりと違いはわからず。ダンシング若干Ksyriumの方がキビキビしているような、、路面のいなし方はDuraの方が良かったような、、ぐらい。

ブレーキはすごい静か。まったく音がしないくらい。リムの摩耗を考えると比較はフェアじゃないな。キシリウムが静かなのは確か。

大垂水峠TTは、上に載っているエンジンが不調だったのでなんとも言えないが、パワー比で考えると若干いいんじゃないかな。回数増やして比較したいとこ

表 10:04 311W@朝体重66.0kg
裏 10:16 295W

あ、一番Shimanoより勝ってると思ったのはクイックリリース。
じわじわ締まるのではなく、ある一定以上力を入れると「パチン」と締まるので使いやすいくて◎。

どれ買ってもあんま変わらんなら見た目でShamalを買うべきだったか。。でも黄色いスポークがクルクルしてるも気に入ったので、Ksyrium先生としばらくは過ごします。

以上クソインプレ

Garmin Vector2 電池交換

電池交換

コーション出てから400kmくらい走っても大丈夫だった
そろそろな気がしたので交換